エネルギー消費ゼロを目指す家

ZEH(ゼッチ)とは「Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略で、今、政府(経済産業エネルギー庁)が普及を促進しています。

断熱性能を高め、住宅設備の効率化させることで省エネ。
さらに太陽光発電などの創エネシステムとも組み合わせて、
使うエネルギーそのものを減らし、エネルギー収支ゼロを目指します。
暮らしやすくて、しかも環境に優しい、理想の住まいと言えるでしょう。

第一ホームは、2016年度、住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において設立された
「ZEHビルダー公募」の登録事業者となりました。

なお、ZEHビルダーには、自社のZEH(Nearly ZEHを含む)普及目標の公表が義務付けられています。
これに基づき、2020年度までの弊社のZEH普及目標を公表します。

ZEH普及状況

目標 達成率
2016年度 10% 11%
2017年度 20%
2018年度 30%
2019年度 40%
2020年度 50%

周知・普及に向けた具体策

これまでも第一ホームでは、「そこで暮らすこと自体が地球環境にやさしい」という理念のもと、地球環境に配慮した家づくりを行ってきました。 しかしながら、そのような省エネの取り組みについて、お客様に対し積極的にアナウンスしてこなかったように思います。 そこで、弊社がZEH登録事業者になったことを機に、完成見学会やホームページを通して、ZEHの周知・普及に努めてまいります。

コストダウンに向けた具体策

高断熱素材や高効率設備を導入し、これまで以上に高品質で優良な住宅を追求していきます。 また、細部にわたり原価を見直し、組織規模を活かした一括大量発注を行うことで、コストダウンを図ります。 そして、性能はもちろんのこと、地域や立地特性を意識し、採光や通風、気候風土を生かした家づくりを実現いたします。