地盤改良工事

表層改良工法

表層改良工法は、セメントを使用して地表周辺を固める地盤改良工事のことで、地盤の軟弱な部分が地表から2mまでの浅い場合に用いられる工法です。
表層部の軟弱地盤部分を掘削し、セメント系固化材を土に混ぜて十分に締固めて強度を高めます。

向いている土地

勾配があまりなく、地下水位が地盤改良面よりも低い土地です。

柱状改良工法

柱状改良工法は円柱状に地盤を固めた改良杭によって建物を支える地盤改良工事のことで、軟弱地盤の深さが地中2〜8mの場合に用いられる工法です。
地中に直径60cmほどの穴をあけ、良好な地盤まで掘ります。
地盤を掘る過程で水を混ぜたセメントを注入して土と混ぜて撹拌し、円柱状の固い地盤を築くことで強化する仕組みです。

向いている土地

軟弱地盤で、不同沈下の可能性がある場合に用いられます。

小口径鋼管杭工法

小口径鋼管杭工法は、鋼管で地中から建物を支える地盤改良工事のことで、地中30mまでの地盤補強が可能です。
地中深くにある固い地盤に鋼管の杭を打って、建物を安定させます。
工事に掛かる日数も1〜2日程度のため、短い期間で工事を終わらせたいという方にもおすすめです。
また、小口径鋼管杭工法は狭小な土地など、重機を搬入しにくい場所での工事にも適しています。

向いている土地

表層改良や柱状改良では対応できないケース、あるいはある程度狭い土地で、支持層がある土地。

常にお客様の立場から、人と社会への貢献を考える第一ホームが、
新しい豊かな住環境を、ここから提案します。

第一ホーム株式会社 北九州本店

0120-79-8866

受付時間 9:00〜18:00

インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
YouTube

第一ホーム株式会社 福岡支店

0120-555-258

受付時間 9:00 〜 18:00

インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
YouTube
line
ページの先頭へ

お気に入りの物件


お気に入りの登録はありません。

最近見た物件


閲覧履歴はありません。